« 新潟信用金庫でのRESAS活用出前講座 | メイン | 新潟県佐渡地域振興局でのRESAS活用出前講座 »

2017年3月 8日 (水)

新潟国際情報大学でのRESAS活用出前講座

こんにちは。新潟経済社会リサーチセンターの小林です。

本日は、新潟国際情報大学の藤田教授のGISの講座を受講していらっしゃる学生の皆さんを対象に実施したRESAS活用出前講座の様子をご紹介いたします。当日は、60名の学生の皆さんが受講して下さいました。

Dsc02260

研修内容

講義については、

①RESASの概要(RESASの強みである可視化や収録マップなどについて)

②人口マップの操作説明とデータの見方

③観光マップの操作説明とデータの見方

④農林水産業マップの操作説明とデータの見方

⑤消費マップの操作説明とデータの見方などを行ないました。

当日は、学生5~6名に1台のパソコンを割り当て操作を体験してもらいました。講義の冒頭に、RESASと地方創生についての認知状況を参加学生に確認したところ、RESASや地方創生についての認知度はあまり高くありませんでした。

講義の中では、観光マップの人の動きに関するデータや分析に関心を示す方が多かったようです。

感想

藤田教授の受け持ち講座の内容自体が、「GIS」の見方や活用に関する内容のため、RESASでできることに関心を示す学生が多くいらっしゃいました。アンケートでは「今後のレポート作成に大いに活用したい」といった前向きな感想もいくつかみられました。他の大学でも感じたことですが、大学生の皆さんの学習・研究にもRESASは有効なツールであると改めて思いました。

藤田先生ならびに新潟国際情報大学の学生の皆さん、ありがとうございました。

サイト内検索
follow us in feedly

当ブログは、新潟県が実施している「RESAS普及促進事業」の一環として、新潟県内におけるRESASの普及を目的に、新潟経済社会リサーチセンターが運営しているものです。
当ブログにおいて発信する情報は、必ずしも公式な見解を表しているものではありません。
公式な発表・見解は、当センターのウェブサイトおよびニュースリリースで行っています。