事例 Feed

2017年9月 5日 (火)

RESAS事例集のファイルを公開しました

新潟経済社会リサーチセンターの小林です。

本日は、RESASの事例集に関するお知らせです。

Resas_2

以前、弊財団のブログの「新潟県内の事例をまとめたRESAS事例集のご紹介」でお知らせしましたとおり、昨年度、新潟県統計課様より受託した「RESAS普及支援業務」の一環で、RESASを使った新潟県内の分析事例集を発刊いたしました。

この分析事例集のPDFデータを、本ブログにてアップすることにいたしました。RESASの操作法の習得や地域活性化策の検討などにご活用いただければ幸いです。

なお、PDFファイルのサイズが大きいため、章ごとにファイルを分割してあります。以下の青字をクリックして、ダウンロードして下さい。

resas 表紙_.pdf

resas00 はじめに_.pdf

resas01 村上市_.pdf

resas02 聖籠町_.pdf

resas03 五泉市・見附市_.pdf

resas04 魚沼市_.pdf

resas05 湯沢町_.pdf

resas06 津南町_.pdf

resas07 糸魚川市_.pdf

2017年2月10日 (金)

新潟大学岸ゼミでのRESAS活用出前講座

こんにちは。新潟経済社会リサーチセンターの小林です。

本日は、新潟大学経済学部岸ゼミの学生の皆さんを対象としたRESAS活用出前講座についてご紹介いたします。

P1070352 

以前に実施した、新潟大学経済学部の5つのゼミを対象とした研修会開催後、ゼミ研究として阿賀野市出湯集落の活性化事業に取り組んでいらっしゃるということをお聞きしましたので、岸准教授のゼミの学生の皆さんを対象に追加研修会を開催しました。

研修内容

研修の内容としては、

①RESASでみた阿賀野市と出湯地区

②RESASだけでは把握できない出湯地区の統計収集・分析方法

などを行ないました。

既に、出湯集落の地元住民の皆さんとの話し合いもふまえ、活性化策の概要は固まりつつあるものの、現状分析にRESASや、その他統計を活用して研究成果をまとめたいとの意向があったことから、RESASで把握できる阿賀野市のデータの活用法を中心に解説を行ないました。

また、RESASでは把握しきれない、出湯集落などの阿賀野市の個別地区のデータ収集法や観光地ごとの入込状況のデータの収集法について、国勢調査や新潟県の統計データを紹介しながら説明を行ないました。

当日は、BSN新潟放送様の取材があったことから、皆さん多少緊張した様子でした。

P1070353 

フォーラムでの発表にチャレンジ

今回の追加講座をふまえた分析の追加と、出湯集落でのヒアリング調査などの結果をまとめた分析結果と提言案を、先日開催された「地方創生☆RESASフォーラムin新潟」の学生・生徒の分析事例の場で、発表して下さいました。

フォーラムでの分析事例の発表では、3大学・1高校のトップバッターをお願いしましたが、そのプレッシャーにも負けず、堂々とした発表をして下さいました。

P1070568 

感想

RESASの現状分析から何かを発見して、活性化策を考える方法も一つだと思います。他方、特定の地域や特定の分野の活性化などを考えなければならない際に、その現状分析や課題を明確にするためにRESASを活用するというのも一つの方法だと思います。今回は、後者の活用法でしたが、RESASは生徒・学生の皆さんの課外活動やゼミ研究など、何らかの実習結果や研究成果などを出さなければいけない際にも、十分使っていただけるツールだと感じたところです。

新潟大学の岸先生ならびにゼミ生の皆さん、本当にありがとうございました。

2016年9月23日 (金)

松之山商工会でのご紹介

新潟経済社会リサーチセンターの江口です。

本日は、松之山商工会でRESASの活用方法を紹介した際の様子について、お伝えいたします。

Photo_7



観光地でのRESAS活用方法

7月15日(金)に松之山商工会で開催された会合の際に、会員企業様を対象に、RESASの活用方法をご説明させていただきました。

講義内容としては、

  1. RESASの概要(地方創生を進めるためにRESASが開発されたことや、各種施策を進めるには、データの裏付けが必要であることなど)
  2. 観光マップを用いた十日町市や松之山温泉の入込状況等の現状

などです。

具体的には、RESASの「目的地分析」をご紹介しました。これは、ナビゲーションサービスを使った人が、松之山温泉を含む十日町市周辺の観光施設等のうち、どの観光施設を検索しているのか?いわば人気施設ランキングを示したものです。これをクイズ形式で問いかけたこともあり、色々な回答・意見が出て、予想以上に盛り上がりました。

Photo_2

Photo_3


また、現在、十日町市を含む魚沼地方で、観光面での広域連携を進める動き(雪国観光圏)があるため、「メッシュ分析(流動人口)」を紹介しなから、十日町市を含む各市町村にには、どの方面からの来訪者が多いのか?、そしてどの程度、方面が似かよっているのか?を示したところ、興味・関心を示す受講者も多かったです。

Photo_4

 

Photo_5

 

Photo_6

感想

これまでの学生を対象とした出前講座とは異なり、旅館を中心とした企業経営者の皆様を対象としたものだったので、操作研修はせず、示されたデータからどう考えるのか?といった視点で講義をおこないました。

視覚的に優れたRESASのマップ等の効果もあり、観光地の今後の進むべき方向性を検討する際の良い資料として、認識していただけたのではないか?と思っております。

なお、受講者のお一人である、松之山温泉ひなの宿ちとせ 柳一成様が講義後、早速、ご自身のブログにて、RESASを使った分析を紹介されています。このように地域活性化の現場で、RESASをドンドン活用していただけますと助かります。

松之山商工会の皆様、たいへん、お世話になりました。

サイト内検索
follow us in feedly

当ブログは、新潟県が実施している「RESAS普及促進事業」の一環として、新潟県内におけるRESASの普及を目的に、新潟経済社会リサーチセンターが運営しているものです。
当ブログにおいて発信する情報は、必ずしも公式な見解を表しているものではありません。
公式な発表・見解は、当センターのウェブサイトおよびニュースリリースで行っています。