RESAS普及促進事業 Feed

2017年9月 5日 (火)

RESAS事例集のファイルを公開しました

新潟経済社会リサーチセンターの小林です。

本日は、RESASの事例集に関するお知らせです。

Resas_2

以前、弊財団のブログの「新潟県内の事例をまとめたRESAS事例集のご紹介」でお知らせしましたとおり、昨年度、新潟県統計課様より受託した「RESAS普及支援業務」の一環で、RESASを使った新潟県内の分析事例集を発刊いたしました。

この分析事例集のPDFデータを、本ブログにてアップすることにいたしました。RESASの操作法の習得や地域活性化策の検討などにご活用いただければ幸いです。

なお、PDFファイルのサイズが大きいため、章ごとにファイルを分割してあります。以下の青字をクリックして、ダウンロードして下さい。

resas 表紙_.pdf

resas00 はじめに_.pdf

resas01 村上市_.pdf

resas02 聖籠町_.pdf

resas03 五泉市・見附市_.pdf

resas04 魚沼市_.pdf

resas05 湯沢町_.pdf

resas06 津南町_.pdf

resas07 糸魚川市_.pdf

2017年2月10日 (金)

新潟大学岸ゼミでのRESAS活用出前講座

こんにちは。新潟経済社会リサーチセンターの小林です。

本日は、新潟大学経済学部岸ゼミの学生の皆さんを対象としたRESAS活用出前講座についてご紹介いたします。

P1070352 

以前に実施した、新潟大学経済学部の5つのゼミを対象とした研修会開催後、ゼミ研究として阿賀野市出湯集落の活性化事業に取り組んでいらっしゃるということをお聞きしましたので、岸准教授のゼミの学生の皆さんを対象に追加研修会を開催しました。

研修内容

研修の内容としては、

①RESASでみた阿賀野市と出湯地区

②RESASだけでは把握できない出湯地区の統計収集・分析方法

などを行ないました。

既に、出湯集落の地元住民の皆さんとの話し合いもふまえ、活性化策の概要は固まりつつあるものの、現状分析にRESASや、その他統計を活用して研究成果をまとめたいとの意向があったことから、RESASで把握できる阿賀野市のデータの活用法を中心に解説を行ないました。

また、RESASでは把握しきれない、出湯集落などの阿賀野市の個別地区のデータ収集法や観光地ごとの入込状況のデータの収集法について、国勢調査や新潟県の統計データを紹介しながら説明を行ないました。

当日は、BSN新潟放送様の取材があったことから、皆さん多少緊張した様子でした。

P1070353 

フォーラムでの発表にチャレンジ

今回の追加講座をふまえた分析の追加と、出湯集落でのヒアリング調査などの結果をまとめた分析結果と提言案を、先日開催された「地方創生☆RESASフォーラムin新潟」の学生・生徒の分析事例の場で、発表して下さいました。

フォーラムでの分析事例の発表では、3大学・1高校のトップバッターをお願いしましたが、そのプレッシャーにも負けず、堂々とした発表をして下さいました。

P1070568 

感想

RESASの現状分析から何かを発見して、活性化策を考える方法も一つだと思います。他方、特定の地域や特定の分野の活性化などを考えなければならない際に、その現状分析や課題を明確にするためにRESASを活用するというのも一つの方法だと思います。今回は、後者の活用法でしたが、RESASは生徒・学生の皆さんの課外活動やゼミ研究など、何らかの実習結果や研究成果などを出さなければいけない際にも、十分使っていただけるツールだと感じたところです。

新潟大学の岸先生ならびにゼミ生の皆さん、本当にありがとうございました。

2017年1月27日 (金)

地方創生★RESASフォーラムin新潟を開催しました

こんにちは。新潟経済社会リサーチセンターの小林です。

私どもが新潟県から委託を受けて行なっている「RESAS普及支援事業」の一環で、1月22日(日)に「地方創生RESASフォーラムin新潟」を、ANAクラウンプラザホテル新潟(新潟市中央区)にて開催いたしました。当日は、時より雪も散らつくお天気でしたが、300名を超える皆さまよりご参加いただきました。

開会にあたり、主催者である新潟県の杉本総務管理部長様よりご挨拶をいただきました。

P1070549 

その後、内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局 ビッグデータチーム チーム長代理の森様より、「RESASの現状と今後」と題しまして、RESASの概要と、全国の活用事例、さらには今後のRESASの機能拡充などについて、ご説明いただきました。

具体的には、地方創生の実現に向け、今後も、RESASで入手できるデータ・分析の充実がなされていくことはもちろんのこと、利便性の向上に向けて各種機能の拡充も予定されていくことなど、分かりやすくお話しいただきました。

P1070558

その次に、「RESASによる分析事例発表」として、新潟大学、敬和学園大学、新潟県立大学、新潟商業高等学校の学生・生徒の皆さんより、分析事例の発表を行なっていただきました。ちなみに、4校とも、弊社がRESASの出前講座を行なった学校です。

各校の発表テーマは以下のとおりです。

新潟大学:「阿賀野市出湯温泉の活性化策~RESAS分析を通じた地域活性化~

P1070568

敬和学園大学:「阿賀北地域の広域連携における6次産業化とブランド化の可能性」

P1070574

新潟県立大学:「天明町空家再生プロジェクト」

P1070580

新潟商業高等学校:「鮮やかなお花でニイガタのカワイイをお届けします」

P1070585

わずか5分の発表時間の中で、各校とも、分析結果と施策の提案などのポイントをはつらつと、かつ非常に分かりやすい言葉でプレゼンテーションして下さいました。

各校の発表後には、内閣官房の森様と、後半のパネルディスカッションのパネラーを務めて下さった㈱リクルートホールディングスの石山様より講評をいただきました。両氏からは、分析方法や分析の着眼点についてのお褒めの言葉もありましたが、それ以上に各校のプレゼンテーション能力の高さを高く評価されていました。

その後の基調講演には、経済アナリストで獨協大学教授の森永卓郎様をお招きし、「地方から創生する日本の未来」と題して、RESASを活用した地方創生の進め方についてご講演いただきました。

最後に、鈴木 燕市長様、日本商工会議所青年部の富永副会長様、㈱リクルートホールディングスの石山様、妙高観光推進協議会の戦略コーディネーターである塚田様、第四銀行の石塚 地方創生推進担当部長様をパネラーにお迎えし、内閣官房の森様にコーディネーターとしてご登壇いただき、パネルディスカッションを行ないました。

P1070598

各パネラーの皆さまからは、それぞれのお立場でのRESASやビッグデータの利用状況をご紹介しいただいた後、それらの今後の活用のあり方などについてのお話をいただきました。

行政、若手経営者、産業界、観光業界、金融機関それぞれにおけるデータ活用の状況と、今後の方向性について、具体的な意見交換の場となりました。

基調講演の森永様を始めとして、各出演者の皆さまから、RESASやビッグデータの活用について、分かりやすい言葉で、具体的にご説明いただけたことから、参加者の皆さまには、RESASやビッグデータがより身近なものとなったのではないかと思います。

出演者の皆さま、ならびにご参加下さった皆さま、本当にありがとうございました

2017年1月10日 (火)

「地方創生☆政策アイデアコンテスト2016」最終審査会 聴講募集開始のご案内

新潟経済社会リサーチセンターの小林です。

本日は、国が実施している「地方創生☆政策アイデアコンテスト2016」最終審査会&表彰式の聴講募集開始のご案内です。

昨年の「地方創生☆政策アイデアコンテスト2015」に引き続き、今年も「地方創生☆政策アイデアコンテスト2016」が行なわれています。既に、地方予選が終わり、最終審査会&表彰式が今月下旬に東京で開催される予定です。

2016_3 

詳細は以下のとおりです。

(1)日時:平成29年1月21日(土) 12:30~15:30(予定)

(2)会場:東京大学 伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール(定員:400名)

   (東京都文京区本郷7-3-1)   

   http://www.u-tokyo.ac.jp/ext01/iirc/hall.html
 
(3)プログラム(予定):

  12:30~12:35 開会挨拶

  12:35~13:55 最終審査進出10組によるプレゼンテーション

  13:55~14:05 休憩

  14:05~14:35 地域におけるRESAS活用の取組の紹介

  14:35~15:10 表彰式

  15:10~15:30 記念撮影

(4)主催:内閣府 地方創生推進室

(5)動画配信:当日は、動画を撮影し、リアルタイムで配信する予定です。
 
(6)申込方法:次のウェブサイトからお申し込みください(先着順)。

  参加費は無料です。https://resas-portal.go.jp/

 
(7)お問合せ先:地方創生☆政策アイデアコンテスト2016事務局

  (電話 03-5817-3302)

プレスリリース 
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/resas/pdf/h28-12-22-seisaku_contest-hyoushousiki-choukouboshuu.pdf

 聴講募集チラシ 
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/resas/pdf/h28-12-27-chirashi_seisaku_contest-hyoushousiki.pdf

全国の生徒・学生や社会人の皆さんのRESASを活用した政策アイデアを聞くことのできるまたとない機会です。ぜひ、ご参加を検討してみて下さい。

2016年9月 5日 (月)

本ブログについて


新潟経済社会リサーチセンターの江口です。

本ブログは、新潟県が実施している「RESAS普及促進事業」の一環として、新潟県内におけるRESASの普及を目的に、当センターが運営しています。

具体的には、RESASの操作方法のほか、RESASの分析結果、新潟県内各地で実施している出前講座・研修会等の様子などを随時、ご紹介していきますので、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

 

160824_

なお、本ブログにおいて発信する情報は、必ずしも公式な見解を表しているものではありません。公式な発表・見解は、当センターのウェブサイトおよびニュースリリースで行っています。なお、当センターのプライバシーポリシーはウェブサイトに掲載しています。

 

免責事項

当ブログに掲載されている情報の正確性、完全性等については、いかなる保証をするものではありません。当ブログ内に誤りがあった場合でも一切責任を負いかねます。

当ブログは予告なしに内容の変更・削除、運営の中断・中止をする場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

当ブログを利用することで生じたいかなるトラブル・損失・損害に対して、当センターは一切責任を負わないものとします。ご利用にあたってはご注意下さい。

 

Google Analyticsの利用について

当ブログは、利用状況を把握するためにGoogle Analyticsを利用しています。Google Analyticsはクッキー(cookie)を利用して利用者の情報を収集します。

Google Analyticsにより収集された利用者の情報は、Google社により同社のプライバシーポリシーに基づいて管理されます。

Google Analyticsの利用規約・Google社のプライバシーポリシーについては、下記でご確認下さい。

Google Analytics サービス利用規約
http://www.google.com/intl/ja/analytics/tos.html
Google プライバシーポリシー
http://www.google.com/intl/ja/policies/privacy/

なお、Google Analyticsのサービス利用による損害について、当センターは責任を負わないものとします。

サイト内検索
follow us in feedly

当ブログは、新潟県が実施している「RESAS普及促進事業」の一環として、新潟県内におけるRESASの普及を目的に、新潟経済社会リサーチセンターが運営しているものです。
当ブログにおいて発信する情報は、必ずしも公式な見解を表しているものではありません。
公式な発表・見解は、当センターのウェブサイトおよびニュースリリースで行っています。